大地のめぐみ 空のえき そ・ら・ら 産地直売所 みのり
賃貸空室情報
JAネットローン

JA新ひたち野の特産品

花卉 小菊

昭和25年、三村花き園芸組合として結成その後毎年2~3名ずつ栽培農家が増え、昭和43年に新規キク栽培者により、共選共販を目的とした、三村農協花き部会として発足しました。
 当初、輪ギクを主体として栽培を行ってきたが昭和50年より、省力化による規模拡大をはかるため小菊主体の栽培を行っています。
 又、平成5年の農協合併を期に他町村からの新規栽培者も年々増加しています。

JA新ひたち野小菊部会

JA新ひたち野小菊部会

JA新ひたち野小菊部会 「私たちが育てています!」

産地状況

部員数:
33名
栽培面積:
32ha
土づくり産地を維持していくため連作をさける対応を行っています。
(ロ-テ-ション)
有機物の投入、緑肥のすき込み、土壌消毒等。
又、毎年土壌検査を行い適正肥料の投入、土壌改良につとめています。
●出荷時期
出荷時期5~12月
出荷量年間約650万本
出荷市場京浜  50%
その他 50%
栽培品種数約250種類
●活動経過
1.栽培面積の拡大 セル苗育苗による定植作業軽減(さし芽冷蔵保管)
ハウス栽培導入による出荷時期の延長
寒小菊の導入・5月咲品種の導入 ハウスの有効活用
自走式防除機の導入
電照栽培の導入による開花調整技術の確立
2.品質の向上 土づくり対策(指導)強化
病害虫防除の徹底
マルチ栽培の導入
全圃場定期検見による栽培意識改善
露地電照栽培の導入(8月~9月咲き)
3.価格の安定 品質向上
品種の整理、新品種の導入
開花調整 (電照、など)
(販売方針.方法)
予約相対取引による平均単価の維持(所得安定)
年間契約取引による平均単価の維持(所得安定)

 JA新ひたち野花卉部会

小菊路地電照栽培
電照のメリット
  • ●開花調節による計画生産・出荷ができます。
  • ●労力の分散ができます。
  • ●品種を限定することによる品種の固定。
  • ●草丈が伸び、節数・花数が増えボリュウームが向上します。
  • ●開花時期が揃うので、作業性が良くなります。
販売元JAひたち野 営農課 事務局 島田
所在地〒315-0015 石岡市貝地2-5-5
e-mailja555.h.simada@ja-ibaraki.jp
電話0299-23-6700
FAX0299-22-2773(24時間受付)
ページの先頭へ戻る